りんごアレルギーのmy STory

就職浪人を経て言語聴覚士(ST)という天職に会った男

国試勉強は意識1つで変わる?合格のために大切な「マインド」を知ろう!

f:id:ST-RingoAllergy12:20200915002730j:plain

小さいことを重ねることがとんでもないところに行くただ一つの道だ(イチロー



 

第23回言語聴覚士国家試験

 

こんにちは!

現在言語聴覚士として働かせて頂いているりんごアレルギーです🍎

 

さて受験生の皆さん。

 

去る2020年9月1日。

遂に発表となりましたね…

 

 

そう!

 

第23回言語聴覚士国家試験の

日程が遂に決定しました!!!!!

 

今年は全世界が

新型コロナウイルスによる脅威により試験の有無に悩まされていましたが、決行する運びとなりました。

 

👇以下が厚生労働省のホームページです。

 

是非ご参照ください~!

 

\ 遂に第23回目 /

www.mhlw.go.jp

 

さてホームページによりますと、

 

 

令和3年2月20日(土)とのことです(^^)/

 

 

いや~

こっちまでドキドキしてきますね~!笑

 

さて2月まで

もう残り僅かです!

 

 

・現役学生

・浪人生

 

すべての皆様に

是非全力を出し切って頂きたいと思います!

 

難易度はどうなる?

 

さて国家試験の日程が決まったということで

今年度の国家試験の難易度が気になるところですね

 

正直に言えば

重箱の隅を突くような問題が増えたと個人的に感じています。

 

 

そして座学では補えない

実際の臨床に即した問題が多くなっている印象です

 

 

正直国家試験は運の要素も絡み合っています。

 

たまたま正答して合格する人もいれば、

マークミスをして不合格になる人も居ます。

 

会場の息が詰まるような

混沌とした重い空気は、今でも思い出せます。。。

 

試験後に部屋から湧く

ざわめきも2年経った今でも非常に印象深いです。

 

当ブログにて

少しだけ歴代の国家試験を分析した記事がありますので是非一読ください<(_ _)>

 

\ 意外と渋い合格率 /

st-ringoallergy12.hatenablog.com

 

受験生は

この不安に立ち向かわなくてはなりません…!

 

だからこそ

日々の国試勉強が大切になってくるのです(^^)/

 

満点を目指してはいけない!

 

受験生に予めお伝えしておく言葉があります。

 

 

【絶対に満点を目指してはいけません】

 

 

大切なことなのでもう一度。

 

絶対に

満点を取ろうと考えないでくださいね

 

もちろん満点を取るに越したことはありません。

 

ギリギリ合格よりも

満点の方が絶対に良いに決まっています。

 

しかしあえて断言します。

 

満点を取ってもさほど意味はない――のだと。

 

なぜならば満点を目指すことで

完璧主義になってしまうからです。

 

完璧主義を否定しませんが、

膨大な量の勉強をこなさないといけないのに、1つひとつを満点を目指していたら

 

 

本当に国試間に合いませんよ…!!

 

 

大切なことは

満点を取ることではありません。

 

むしろ社会に出たら

ギリギリ合格も満点合格も関係なく

 

全員新人言語聴覚士という1つの枠組みなのです。

 

あまり夢のないことを連発してすみません。

 

しかしこれは事実なのです。

 

満点ではなく、

もっと大切な意識……つまりマインドがあります!!!!

 

今回はそのマインドに

焦点をあててお話をしていきます。

 

持つべきマインド

 

では本題へ参ります。

 

、、、と言いたいところですが、

言語聴覚士の国家試験の合格基準について再度おさらいです。

 

言語聴覚士国家試験は120/200点で合格です。

 

非常にシンプルですね笑

 

 

しかし、

 

119点は不合格

120点は合格

 

、、、というシビアな世界でもあります。

 

実際たった1点で泣きを見た人も

多く存在しています。

 

 しかし逆転の発想で考えてみてください。

 

 

あなたは

80点も間違えていいんです

 

 

そして更に付け加えるならば、

 

 

80問無回答でも

120問正答していれば合格するのですよ

 

 

ここです!

 

ここに合格に必要にマインドが隠されています(^^)/

 

 

つまりです。

 

あなたが興味のある120点分の分野を必ず獲得つもりでいてください。

 

 

基礎医学(医学総論、解剖学、生理学及び病理学を含む)

 

臨床医学(内科学、小児科学、精神医学、リハビリテーション医学、耳鼻咽喉科学、臨床神経学及び形成外科学を含む)

 

・臨床歯科医学(口腔外科学を含む)

 

・音声・言語・聴覚医学(神経系の構造、機能及び病態を含む)

 

・臨床心理学

 

・生涯発達心理学

 

・学習・認知心理学(心理測定法を含む)

 

言語学

 

・音声学

 

・言語発達学

 

・音響学(聴覚心理学を含む)

 

社会福祉・教育(社会保障制度、リハビリテーション概論及び関係法規を含む)

 

・言語聴覚障害学総論(言語聴覚障害診断学を含む)

 

・失語・高次脳機能障害

 

・言語発達障害学(脳性麻痺及び学習障害を含む)

 

・発声発語・嚥下障害学(音声障害、構音障害及び吃音を含む)

 

聴覚障害学(小児聴覚障害、成人聴覚障害、聴力検査並びに補聴器及び人工内耳を含む)

 

 

さあ!

 

あなたなら、、、

 

 

どの80点を捨てて、

 

どの120点を確実に獲得しますか!!!!?

 

あなたはどのような言語聴覚士になりたいのですか?

 

さーて今日は中々過激な発言が増えてきて、

筆がノリにのりまくってますよ~~~~!!いえい!

 

では、、、

 

先程の答えは出ましたか?

 

 

あなただけの120点を――。

 

 

つまり要約すると、

 

 

・全問正答してやる!!

 

 

ではなく、、、、

 

 

この教科だけは絶対に落とさねえ!!!!!!

 

 

というマインドに切り替えて欲しいのです。

 

そこであなたが選んだ120点分の教科が、

あなたが歩む言語聴覚士としての道を定めます

 

 

言語聴覚士として何がしたいのか。

 

そしてどのような言語聴覚士になりたいのか。

 

このマインドを持っていれば、

あなたの道が確実に見つけられます。

 

あとはその道に沿って国試勉強するのみですよ(^^)/

 

まとめ

 

如何でしたか?

 

もちろんすべての教科は一通り過去問をして覚えてました。

 

しかしその中でも、

 

聴覚障害だけは絶対に落とさない――と思って勉強していました(^^)/

 

 

まあ実際の国試では

数問間違えているのですけどね~!笑

 

けど大切なのは点数ではなく、

マインド――つまり熱い信念ですよ。

 

 

👇Twitterで119名の言語聴覚士

国試浪人の有無を聞いた記事もありますので是非合わせてごらんください。

 

\ 改めて119名の言語聴覚士の皆さんありがとうございます! /

st-ringoallergy12.hatenablog.com

 

では今回はこのぐらいで。

 

第23回言語聴覚士国家試験、、、

 

あなたの熱い想いを

ぶちかましてやりましょう!!!!!!!!!!!

 

りんごアレルギー🍎

 

 

\ 言語聴覚士について発信中 /

twitter.com

 

\ 趣味で小説書いているので超絶暇な時読んでください~笑 /

kakuyomu.jp