りんごアレルギーのmy STory

就職浪人を経て言語聴覚士(ST)という天職に会った男

就職浪人を経験したからこそ伝えたいことがあります【後編】

f:id:ST-RingoAllergy12:20200605224346j:plain

君子小人人にあり。家に在らず(中岡慎太郎

 

 

就職浪人は期限付きで

 

こんにちは

2年間の就職浪人を得て言語聴覚士という天職に出会ったりんごアレルギーです🍎

 

👇皆さんはこの記事を覚えていますでしょうか?

 

st-ringoallergy12.hatenablog.com

 

今回はこの記事の後編となります。

 

もしかしたら現在浪人中の方が見ると少し辛いかもしません。

 

では少しだけ

前回でお伝えしたかったことをおさらいしてみましょう。

 

前回お伝えしたかったことは2点です。

 

①就職浪人は期限を決めて取り組んで下さい

 

②定めた期限を過ぎたら諦める勇気を持って下さい

 

 

👆以上が就職浪人を経験した私が最も言いたかったことです。

 

決して夢を諦めろと

悪意を持ってお話している訳ではありません。

 

そこはご理解頂けているでしょうか?

 

では早速とはなりますが

なぜ期限付きで取り組む方が良いのかをお話します。

 

あなたを破滅させる心理現象

 

さて今回は

とある心理現象についてお話します。

 

人間ならば必ず陥る恐ろしい心理現象…。

 

 

その名も――コンコルド効果です。

 

 

 

またの名をコンコルドの誤謬(ごびゅう)とも言います。

 

 

この心理現象はハッキリ言って、

 

あなたを確実に破滅させます

 

 

誰もが陥りやすい心理現象ですが、

就職浪人は人一倍この心理現象に陥りやすいと自覚してください。

 

ではこの恐ろしい

コンコルド効果について説明致します。

 

コンコルド効果の元ネタ

 

このコンコルド効果には

 

埋没費用効果 (sunk cost effect)」

 

という元ネタがあります。

 

まずはこの埋没費用効果を簡易的に説明してみます。

 

☞ある対象への金銭的・精神的・時間的投資をしつづけることが損失につながるとわかっているにもかかわらず、それまでの投資を惜しみ、投資がやめられない状態を指す。(Wikipedia引用)

 

 

つまり早い話が

 

「ここまで投資したから今更引けないし…。もう後戻りは出来ない」

 

 

👆こういう心理現象のことを言います。

 

これって意外とあるあるではありませんか?

 

ここで引き返したら損は少ないと分かっていても辞められない…もったいないと思ってしまう。

 

投資でもあり得ますし、

ほかに恋愛行列に並ぶラーメン屋でも言えることですね。

 

 

・恋愛…ここまで付き合ったし、今更別れるのももったいないなあ

 

・行列に並ぶラーメン屋…もう2時間も並んだし、今更列から離れるのももったいないなあ

 

 

👆この日常的に生じやすい

もったいないという心理現象こそがコンコルド効果の第一歩です。

 

ではこの埋没費用効果を踏まえてコンコルド効果をみてみましょう。

 

「もったいない」は地獄の一丁目

 

上記の説明で何となくコンコルド効果のイメージが湧いていると思います。

 

このコンコルドとは

超音速旅客機コンコルド商業的失敗が由来となっています。

 

 

f:id:ST-RingoAllergy12:20200609174737p:plain

 

 コンコルドは1969年にイギリスとフランスが共同開発しており、

通常の旅客機の飛行高度の2倍もの高度(成層圏)をマッハ2.2で飛行できた高性能の旅客機でした。

 

超音速飛行を追求した性能美しいデザインが人気を博して、世界中から注文が殺到しました。

 

しかしこのコンコルド、、、

 

実は大きな欠点がいくつもあったのです。

 

 

①通常よりも長い滑走距離を必要とすること

②乗客の定員が100人と少ないのに、運賃は通常よりも高額

③飛行距離が短く燃費が悪い

 

 

まあ旅客機としては失敗ですよねえ…(; ・`д・´)

 

そのため世界中からキャンセルが相次いでしまいました。

 

もうこの時点で、

高すぎる開発費利益が釣り合わず赤字決定してしまいました。

 

しかしここで悪魔の言葉が浮かびます。

 

 

☞ここまで開発して取りやめるのはもったいない

 

 

…そうです。

 

コンコルド効果とは、

開発の時点で赤字が決定していたのにも関わらず、今まで投入した予算や時間が全て水泡に帰してしまうこと恐れて開発を続行してしまった実際の歴史から来ている心理現象です。

 

必ず損すると分かっているんです。

そして失敗であると分かっているんです。

 

 

 

 

しかし開発を止めることが出来なかったのです――――。

 

 

 

これが破滅を呼ぶもったいないの正体。

 

コンコルド効果…またはコンコルドの誤謬という心理現象です。

 

 

結局コンコルドは失敗に終わり、

会社は莫大な損失を出して2003年に全機退役となりました。

 

ただその洗練されたフォルム数少ない超音速旅客機だったこともあり、

世界各地の航空関連博物館に寄贈された今でも根強い人気があるとのことです――。

 

諦める勇気を持つ「勇気」はありますか?

 

コンコルド効果についてお話させて頂きました。

 

就職浪人もまさに

このコンコルド効果に陥りやすいのです。

 

 

ここまで頑張ってきたのだから、ここで諦めたらもったいない

 

 

 分かります。。。

 

その気持ち本当に――痛いほどよく分かります。。。

 

 

前編でもお話しましたが、

私も自分が警察官になることをずっと信じていました。

 

そのために身体造りに励み、

細い身体で柔道も始めました。

 

時には爪から流血して、

身体を痣だらけにしても柔道に通い続けました。

 

そして予備校にもお金を払って勉強して、

1万円以上もする面接対策を何度も何度も実施していました。

 

 

「次こそは…次こそは…!」

 

 

常にそう思っていて、

次第に心に余裕がなくなって険しい表情になっていきました。

 

今ならば笑って話せますが、

当時は私本人よりも家族が辛そうでした。

 

時には冷たく当たったこともあります。

 

私は計2年間就職浪人を経験しましたが、

もしも2年で警察官を諦めることなく、3年…4年……と目指し続けていたらどうなっていたのか…。

 

正直考えたくもありません。。。

 

私は幸運であり、

たまたま浪人中に手話に出会い、そして言語聴覚士という天職を知ることが出来ました。

 

もしも手話に出会うこともなく、

言語聴覚士を知るきっかけもなかった場合……どうなっていたのか。

 

やはり考えたくもありません。。。

 

 

ここで1つ

絶対に忘れないでほしい言葉があります。

 

諦める勇気は

決して逃げではありません。

 

 

 

もう一度お伝えします。

 

 

 

諦める勇気は

決して逃げではありません!!!!

 

 

 

諦める勇気はあくまでも方向修正であり、

絶対に人生から逃げた訳にはなりません。

 

絶対です!!

 

むしろ学ぶ必要があって

あなたは遠回りを経験しただけに過ぎません。

 

就職浪人は「恥」ではありません。

 

 

ストレート合格者が

一生味わうことの出来ない経験をあなたは経験しています

 

 

ストレート合格者は

就職浪人を一生味わうことが出来ません。

 

 

一生です!!!!!!!!

 

 

しかし諦めずに

挑戦し続けることは決して美徳ではありません。

 

就職浪人をするならば、

必ず期限を決めて、次の道標を立ててから行ってください。

 

これが私が

どうしてもお伝えしたかったことです。

 

 まとめ

 

前編・後編と分けてお話させて頂きました。

 

当事者にとって辛い言葉があったかもしれません。

 

しかし人生は有限です。

 

行動修正が可能な年齢というのも、

暗黙の了解ですが少なからずあります。

 

しかし一番は

あなたの就職浪人が結果に結ばれることです。

 

顔も名前も分かりませんが

画面越しのあなたを応援しています。

 

イキイキとして

実りある人生になるように影ながら想っております。

 

りんごアレルギー🍎

 

\ フォローお願いします /

https://twitter.com/Ringo_allergy12